TOP > インタビュー・事例紹介 > アズーラ導入事例 > 有限会社及川印刷_2013.15

有限会社及川印刷

 

短納期、高品質で信頼勝ち得る

現像レスプレート・アズーラでさらに磨きをかける 

 

プリテックステージニュース 2013年3月15日号掲載 

 

宮城県栗原市の㈲及川印刷(及川幸雄社長)は、2011年2月にアグフアの現像レスサーマルプレート「:Azura TS(以下アズーラ)」を採用し、作業効率を向上させている。同社では機械メンテナンスを徹底し、水を絞り込むことで紙面の乾燥時間を短くしているが、同社の及川靖専務取締役は「速乾を意識しているわけでなく、結果的に乾燥にそれほど時間をかけなくても裏面が刷れる状態になる。機械メンテナンスも当然のことと考えている」と、乾燥促進が実現できるアズーラの特性を自然に引き出している。

oikawa_senmu.jpg

及川専務

oikawa_tatemono.jpg

及川印刷本社・工場 

 

 同社は1934年に現社長である及川幸雄氏の父が創業。官公需主体の印刷を受託しながら地域密着型のビジネスモデルを追求してきた。現在、及川社長と4名のスタッフで高品質、短納期の印刷事業を展開。生産設備は桜井グラフィックシステムズの菊半裁4色印刷機オリバー466SD、特色対応やノンカーボンの伝票印刷を得意とするオリバー66EZ、ホリゾンの折り機、中綴じ機、無線綴じ機のほか、封筒印刷機、オンデマンド機を揃え、社内一貫生産の体制を整えている。

 

 同社の業務は、地方自治体の「平成の大合併」まで役所、学校、病院などの地元の官公需や教育、医療関連が大半だった。しかし、平成の大合併以降、栗原郡全10町村が統合され、官公需印刷物の量が10分の1に縮小。1件当たりのロット数が5倍近くに増加したものの、パイが狭まったことから過当競争が始まった。同社では価格競争を避けるため、2005年以降、官公需の比率を低下させる経営改革に着手。事業者登録型のECサイトを利用しながら東京都の民需を掘り起こし、難局を乗り切った。

同社の特徴は固定客に対するきめ細かな対応力。急な発注に対しても都内の印刷会社に負けない納期と品質、コストを提供する。事業者登録型のECサイトではクライアントから出された案件に対し、印刷会社が見積りを提出。クライアントは見積りの中から最適な条件の印刷会社を選択して発注する。

 

同社はECサイトの中でも急を要する案件など困難な条件を引き受け、頼られる存在となっている。及川専務は、「5年前にサイトを通じて知り合ったクライアントから定期的に仕事を頂くようになった」と、同社の信頼から受注に結びついた経緯を語る。

   

機械保守とアズーラで速乾

  納期対応力をより強化

 

高品質で短納期の仕事が集まる同社では、業務の効率化を図るため、2011年2月にアズーラを、昨年7月に桜井グラフィックシステムズの菊半裁4色機「オリバー466SD」を導入。倍胴の印刷システムと現像レスプレートによりさらに高品質・短納期の対応力を上げた。

アズーラ採用の動機は、2年前まで使用していたCTPシステムが導入から5年が経過したこと。もともとアグフアのプリプレスワークフローシステム「:Apogee」を利用していたことから、そのバージョンアップを機に採用することにした。

 oikawa_C95.jpg

アズーラのガム洗浄ユニット:Azura C95

   

 当初は明室で扱える作業性や、現像機や現像液を保管するラックなどの省スペース化を期待していたが、「以前利用していたCTPはピンホールが出ることがあり、トラブルの原因になっていた。アズーラに切り換えてからピンホールは皆無。きれいな印刷物を安定的に生産できるようになった」と、現像レスの利点を高く評価。そして、水が絞れるアズーラの浅くて細かい砂目構造が速乾を実現し、同社の納期の対応力をさらに強化することになる。

アズーラTSは砂目が浅くて非常に細かく、版面の水膜を薄く維持でき、水とインキを絞る事ができる。水を絞るとインキ濃度が上がり、インキ膜厚が薄くても艶のある印刷が行なえ、しかも乾燥が促進される。これによりUV印刷を利用しなくても、乾燥時間は十分に早くなる。 

 

 同社のスタッフは機械への愛着が強く、“自分達の機械”との意識を持っている。そのため、印刷機が停止している時や、手隙が生じた時には、排紙部の清掃やローラーの調整、クリーニングなどの機械保守を頻繁に行うなど、機械を大切に扱う。掃除した後はニップ圧やインキツボのブレードも規定の数値に調整。湿し水に関しては1ヵ月に1回のペースで交換して最適な印刷環境を整えている。

「階調を出すためにインキを多く盛るという話も聞くが、適正なインキ量をローラーに供給することでキレイな印刷物が何枚でも刷れる。絵柄にもよるが、表面を刷った後、約30分後には裏面を刷れる。そのためUV印刷機は必要なかった」と及川専務。同社に根付いた機械に対する愛情と、アズーラが結びつき、「速乾印刷」という新しい価値を生み出している。