Hataya_2021_2_700x257.jpg

有限会社ハタヤ

投資を抑えて生産性向上と出力ミス大幅削減を同時に実現。
ワークフロー活用のトップランナーへ。

 有限会社ハタヤは、1982 年にシルクスクリーン印刷会社として創業。その後、デジタル化を着実に進め、現在、看板・標識・ディスプレイの企画・製造を手がけている。
 同社はサイン・ディスプレイ業界で導入が遅れているワークフロー型RIP ソフトウェアを活用し生産性向上と、出力ミスの大幅削減を果たした。ワークフロー活用における業界のトップランナーであるハタヤの吉川社長と生産部のメンバーに導入の経緯とその効果を取材した。


ASANTI なしでは仕事が出来ない

ーサインディスプレイ業界で生産性向上を遂げられた、ワークフロー化のトップランナーであるハタヤさんにお話を伺います。まずはワークフロー化で効果的だった点を教えてください。 
 
沼田さん もうASANTI なしでは仕事ができないです。これまでは指示書を受け取っただけでうんざりしていた、複雑な出力業務でも、ASANTI でテンプレートが作ってあるので、いまや入稿データをそのまま放り込むだけで簡単に処理することができます。
 カットマークの配置やレイアウトなど出力前に行っていた準備作業をASANTI が自動で行ってくれるので、30 分かかっていた作業が10 分ほどで行えるようになりました。どの作業も以前のほぼ半分以下、ものによってはそうした作業をまったくせず、ASANTI が全部やってくれるケースもあります。そうすると、Illustrator で開く必要がないので、出力ミスが減りました。Illustrator で開くとどうしても、レイヤーが複雑だったり、ロックがかかっていたりするので、オブジェクトを移動してしまったり、消してしまったりなどミスが起きがちでした。

吉川社長 この業種はミスがつきものなんです。作業時間が短くなること自体で、生産性向上に貢献しているのですが、作業時間がある程度読めるようになったことも効果として大きいですね。

他社製プリンター、後加工含めた工場全体の生産性が向上
場全体の生産性が向上

ーすでに出力のための設定が先に出来ていて、あとは印刷データに当てはめるだけというイメージでしょうか?  
     

沼田さん そうですね。定期的なお仕事はもうテンプレートが出来ているので、とても簡単に出力できます。単発物でも設定を作ってあげることで、準備作業は楽になりました。当社ではフラットベッドタイプのカッティングマシンを使っているのですが、繁忙期にはカット担当の要望で手切り用のトンボを追加で付けていました。これがとても面倒で「どっちかにしてくれ。」と内心思っていたのですが、今は1クリックでトンボが付きますから、何も言われなくても両方付けています。

吉川社長 現場の作業は常に待ったなしですから、わずかな作業でも効果は大きいですね。おかげでカット工程を含めて印刷後工程でも手待ちが減り、製造工程全般に生産性向上の効果があったと実感しています。
 

吉川社長

沼田さん 単純な作業でも繰り返し作業を行うと、集中力が途切れてくるのでミスが起こりやすくなります。いまではワークフロー化によりミスが激減しました。

ー御社では他社製プリンターとも接続されていますよね?
 
島田さん いったん、ASANTI を通すワークフローが確立しています。ASANTI でマーク配置など処理したPDF をアグフア以外のプリンターでも印刷しています。データを動かすとミスが起きる。複雑な仕事程そのリスクは増えます。社内で独自に事故率を算出しているのですが、従来にくらべて10 分の1 以下になっています。

ーワークフロー化により、生産性も向上しミスを削減する効果があったということですね。ワークフロー化するための準備は大変でしたか?
 
沼田さん 運用にのせるために微調整が必要でしたが、ASANTI は設定できる幅が広いのでハタヤの運用に沿った設定が出来ました。たしかに最初はテンプレートを作ったり、マーク配置のルールを作ったり、いろいろと作業が必要でしたが、最初だけ苦労しておけば、後が楽なので、苦労した分のメリットがありました。
 結果的に、最終的な出力物としては、従来と全く同じものが出来ています。ASANTIを使うために運用を変えたり、妥協したこ
とはありませんね。

踏み込んだワークフロー提案とソフトウェアサポート
トウェアサポート

ーアグフアはプリンターメーカーとして、当然、ハードウェアの修理、メンテナンスは対応してきましたが、ソフトウェアのサポート体制には満足されていますか?
 
島田さん ハタヤの運用に乗せるために、事前に設定を詰めたので、無理なお願いもしましたが、丁寧に対応してもらえました。

沼田さん 実は、ワークフロー化の提案に対して、最初はそこまで出来るかなという印象はありました。

島田さん 実際、ほかのメーカーからもワークフロー化の提案はありました。このソフトを使ったら自動化出来て楽になりますよ、というのですが、話を進めるうちに「あれはできない、これはできない。」「持ち帰ります。やっぱりできませんでした。」となることが多く、実用化に至りませんでした。ところが、アグフアは前向きに提案してくれて、これまでの提案とは違うな、行けるかもしれないな、と思い始めました。

加登さん 先日、ハトメマークの配置機能に関して、マークの数を指定して自動的に上下左右に配置できないか、とリクエストしていたのですが、次のバージョンで対応した機能が追加される、と聞きました。ASANTI は定期的にバージョンアップしていくので、普段使っていくなかで感じた不満や要望をくみ取って改善してもらえるのは嬉しいですね。

左から、沼田さん、吉川社長、島田さん、加登さん

積極的な提案継続を期待

ー最後に吉川社長にお伺いします。ASANTIの活用について、また、今後アグフアに期待することがあればお願いします。
 
吉川社長 ASANTI によるワークフロー運用は全国の同業者にもお勧めしたいですね。直接的な効果としては、さきほど上がった通り、時間短縮とミス撲滅が挙げられます。急ぎの対応が求められる仕事でも余裕をもって作業できているので、さらにミスも減っていくでしょう。コロナ禍において積極的な営業が困難な中、大きな投資設備をせずに生産性が向上できたことは、価値があったととらえています。
 社長として社外での出会いやメーカーとの会話から生まれたアイディアをどう実際の改善につなげていくかが大事であり、その場を創るのが私の役目だと思っています。今回、アグフアとうちの生産部門のメンバーをつないであげることで、問題意識をもった優秀な社員がアグフアと上手くコミュニケーションを取り、自主的に改善してくれたことは、社長として誇らしく思っています。
 機械を売ったらお付き合いが終わってしまうメーカーが多い中、アグフアは機械を売った後も継続的に改善提案してくれる数少ないメーカーだと思っています。ほかにも面白いソリューションを持っているということですから、どんどん提案してくれることを期待しています。

会社概要

会社名 有限会社ハタヤ
本社 兵庫県神戸市西区伊川谷町別府121-1
TEL 078-974-9336
事業内容 看板・標識・ディスプレイの企画、制作
従業員数 30名
ホームページ http://www.9336.net/
   


ワイドフォーマット向けワークフロー型RIP ソフトウェア
ASANTI
基本機能 ジョブ管理/マルチクライアント/ジョブアーカイブ/ホットフォルダ
レイアウト支援 自動レイアウト/マーク配置/テンプレート/ DQS /タイリング
カラーマネジメント キャリブレーション/プロファイル作成/ PATONE カラーブック
出力支援 プリフライト/マルチプリンタ/ PDF 出力/バーコード対応 ほか多数
>>製品ページ