TOP > お知らせバックナンバー > ダイコロ株式会社がアズーラ累積使用量100万㎡を突破共同記者発表

ダイコロ株式会社アズーラ累積使用量100万㎡を突破 共同記者発表

日時:2014年9月18日(木) 13時00分~14時00分
会場:ダイコロ株式会社 大阪工場

 

2014年9月18日(木)- 日本アグフア・ゲバルト株式会社(東京都品川区大崎1-6-1代表取締役社長 松石浩行)と、ダイコロ株式会社(大阪市中央区大手前1-7-31代表取締役会長 駕田毅)はダイコロ株式会社の大阪工場にて共同記者発表を行い、ダイコロ株式会社がアグフアの現像レスCTPプレート:Azura(アズーラ) の累積使用量で100万㎡を突破したことを発表しました。

 

DSC06684-2.jpg   DSC06638-2.jpg

 

アグフアの現像レスCTPプレートアズーラは2004年の発売開始以来瞬く間に現像レスプレートとしては国内シェア90%以上を誇る世界で一番使用されている現像レスのプレートです。現像液を使用しないことで環境保護に多大な貢献をする事は勿論、検版性にも優れ印刷現場に負担となる印刷機上での処理も全く必要としません。現像からの解放で安定した文字と画像再現が行なえ印刷物の品質アップにも繋がります。

記者発表の冒頭、日本アグフア・ゲバルトの松石から、「ダイコロ様には2006年の7月に最初にアズーラをご導入頂きCTPも累計で12台ご導入頂いている名実共に世界No.1のアズーラユーザー様です。今回ダイコロ様でアズーラ累積使用量100万㎡を突破された事に日本アグフアは勿論、アグフア本社からも多大な感謝を申し上げると共に、累積使用量100万㎡のユーザー様はアグフアとしても初の快挙であり、日本のお客様であった事は誠に光栄です。」と挨拶がありました。

  

DSC06636-2.jpg

日本アグフア・ゲバルト 松石

 

 

 

続けて、ダイコロ株式会社の駕田会長より「我が社は昭和28年の創業以来、常に新しい技術を積極的に取り入れ高速・高品質化を推進してきました。アルバム業界は少子化の影響を受け厳しい状況が続いており、前年と同じ学校数を確保するだけでなく新規を獲得していかないと売り上げの維持・増加はありません。その中で我が社は「コンプライアンス(法令遵守)と環境経営が第一」と考え、環境に優しい卒業アルバムを製作することであらゆる環境要求事項を遵守し、毎年200~300 校の新規受注を獲得しています。アルバム印刷という性質上どうしても小ロットで多種類のプレートを出力することになり使用量は年間約15万枚に上り、小ロット・多品種のアルバム印刷の繁忙期である12月から3月にかけてCTPが24時間フル稼働するという状況の中、検版ができる現像レスプレートアズーラによる効率的で作業負荷のかからない出力は必須でした。小ロット印刷では刷り出しまでの早さも重要ですが、現像レスの安定した高品質と水を絞って印刷できるアズーラにより、弊社では経験の浅いオペレーターであっても現在、刷り出し30~50枚を実現しています。更にアズーラ、CTPとも改良やバージョンアップにより、以前は5台あったCTPが現在では3台となっていますが、高速化により生産性は向上しています。そして導入から7年の間アグフアさんからも多大なサポートもあったおかげで、この度アズーラで100万㎡という使用量を突破する事ができました。」と挨拶がありました。

 

DSC06645-2.jpg

ダイコロ 駕田会長

 

     

また松石より、「今年はアズーラ発売から10周年となる節目の年でもあります。アズーラが現像レスプレートとして世界No.1の実績をあげここまで来れたのもひとえにユーザー様のおかげです。そこでアグフア本社では世界12カ国から代表的なアズーラユーザー様を順次ご紹介すると共に、一緒にアズーラの発売10周年を祝っていただき、来年のIGAS2015会場にてその12社を一同に介してご紹介するアズーラ発売10周年を祝うワールドワイドでの記念イベントを企画しました。そしてこの記念イベントの第1号がダイコロ様でもあります。」と発表がありました。

 

駕田会長は「アグフアのユーザー会の会長としても我が社が最初にアズーラ使用累積100万㎡を突破できた事は非常に喜ばしいことです。そしてアズーラは今年で発売から10周年を向かえるということで日本のアズーラユーザーを代表して私からもお祝いを申し上げます。アズーラが現像レスプレートとしてはシェアNo.1で毎年販売量を増やしているという話はユーザーとしても嬉しい限りです。地球温暖化が原因の一つと考えられる昨今の異常気象を見ていると、環境対応は私達一人一人が本当に実践していかなければない事なのです。印刷業界においても現像レスプレートであるアズーラの需要は更に増加の一途をたどる事と思います。

アグフアさんには今後益々のサポートとアズーラの更なる改良に期待しています。」と述べています。

 

質疑応答の後、アズーラの2つの記念すべき出来事の立役者となるダイコロ様に感謝と敬意を表し、アグフア本社を代表してアズーラの品質管理および開発・製造の責任者であるPaul Coppens(ポール・コッペンス)および松石より駕田会長と松本社長へ記念品が贈呈されました。

記念品贈呈後、ダイコロ株式会社の100万㎡突破とアズーラ発売10周年を祝う巨大ケーキのカットが行われ、参加者に振舞われました。

 DSC06671-2.jpg      DSC06677-2.jpg

 駕田会長と松石                       松本社長とCoppens

 

DSC06687-2.jpg       DSC06700-2.jpg

   アズーラ100万㎡突破と10周年を祝う巨大ケーキ    最新の:Avalon N8 80XTが3台稼動

 
 
seminar_back.jpg