TOP > お知らせバックナンバー > 速乾印刷実演セミナー秀巧社

速乾印刷実演セミナー in 福岡

日時:2013年11月7日(木) 13時00分~17時00分
会場:ホテルニューオータニ博多・秀巧社印刷株式会社 

 

日本アグフア・ゲバルト株式会社では2013年11月7日(木)にホテルニューオータニ博多にて、福岡で2回目となる速乾印刷セミナーを開催しました。セミナー終了後は秀巧社印刷株式会社様(福岡県福岡市南区向野2-13-29 代表取締役社長 間 直樹)に移動し、速乾印刷の実演を実施。当日は九州地区の印刷会社を中心に約60名のお客様にご参加頂き、皆様油性印刷での速乾効果を驚きと興奮を持って体感されました。 

 

syukosya_6.jpg   syukosya_7.jpg

セミナー冒頭、松石社長より「現在大きな注目を集めているアズーラ TSによる速乾印刷を提唱して約1年半が経つが最初に速乾セミナーを行なったのが福岡でした。最初は殆ど信じてもらえなかったが、1年半の間に約20社で速乾印刷を立ち上げ、現在も立ち上げ中の会社が毎月増えており、皆さんに喜んでいただいています。」と挨拶があり、続けて「100%成功できる!“速乾印刷”の確立方法」と題したプレゼンでは、アズーラ TS速乾印刷がもたらす絶大な効果、印刷時に水とインキを絞る事による①損紙・インキコストの大幅な低減、②印刷品質の改善と安定、③生産性向上、④印刷トラブル解消について、数値も交えて紹介しました。

 

「速乾印刷には水とインキを極限まで絞れる浅くて細かい砂目を持つアズーラ TSが必要であり、アズーラはプロ仕様のプレートだからこそプロである印刷会社の皆様にお使いいただき、オフセット印刷の理想形である水とインキを絞った印刷をして頂きたい」と述べました。さらに全国の速乾ユーザーの紹介の後、速乾確立を100%成功させるためには、アズーラ TSとアグフアのサポートに加えお客様の協力が重要であり、ここにベクトルを合わせて頂ければ必ず成功すると結びました。

  

syukosya_1.jpg

日本アグフア・ゲバルト 松石

 

 

 

続けて、アグフアのプリンティングアドバイザーである知識 三富より本日のメインテーマとなるセミナー「“速乾印刷”で経営革新~経営者と現場の“改革魂”」となりました。“短納期、コストダウン、品質維持向上”という市場の要求に応えるためには“革新レベル”の対策が必要であり、しかもそれを新たな設備投資無く、プレートを変えるだけで行なえるのが速乾印刷であると力強く説明。

 

その速乾印刷実現のための3つのポイントとして、①オフセット印刷の原理原則を基本とし、印刷機をあるべき“正しい状態”にする、②水が絞れる現像レスプレートアズーラ TS、③経営者と現場の“改革魂”を上げました。そして印刷機を正しい状態にする手法からインキと給水のバランスから見た地汚れ発生メカニズム、過剰乳化メカニズムについて解説、原因を理解する事で改善策を見出し、実行する事で生産と品質に直結した安定した印刷が行なえると述べました。さらに乾燥のメカニズムについて用紙への浸透性から乾燥過程についても解説、その上で速乾印刷には水を絞る事ができるアズーラ TSを使用することが不可欠であると断言しました。

 

最後に速乾印刷の真のメリットは印刷の改善だけでなく、“経営革新”にあり、立ち上げ成功の秘訣として経営者の不退転の覚悟を全社員に表明する手段としての「キックオフ宣言」を提唱しました。長年のインキメーカーでの勤務に裏づけされた経験とノウハウが詰まったセミナーに参加者の方々は驚き、真剣そのものの面持ちで聞き入っていたのが印象的でした。

 

セミナー終了後は「速乾印刷の実演」のため秀巧社印刷株式会社様へ移動。同社は創業大正5年、今年で97周年を迎える歴史と伝統を兼ね備えた総合印刷会社です。

 

秀巧社印刷様到着後、最初にCTPルームを見学の後、印刷実演となりました。実演に先立ち秀巧社印刷の間社長からは「当社では創業当時から品質にこだわり続けて来ましたが、今回アグフアの協力による速乾印刷の実現により更なる進化を遂げることができました。その進化を印刷実演会で見ていただき、何らかの形で皆様のお役に立てることがあれば幸いです」とご挨拶を頂きました。

 

印刷実演会では知識より「最高に水が絞れるアズーラ TSだからできる速乾印刷を是非体感していただきたい」と挨拶の後、最初にコート紙全判76.5k で重目の絵柄ポスターの印刷をスタートしました。10,000 回転で運転する中、刷り出しから30枚足らずで色出しができていることを確認、3分後には印刷物の乾燥性を参加者の方々が直接触って確認しました。この間の印刷ではインキキーを触ることなくCIP3データに基づいた印刷が行なわれました。そして印刷20 分後には断裁を実演し、裏付きの無い事を証明しました。続いてスーパーユポ紙にてこちらも白地のほとんどない絵柄の印刷をコート紙と同様10,000 回転で行い、刷り出しから約20分後に乾燥性の確認を行ないました。

 

 コート紙、ユポ紙とも通常の油性インキ、そしてパウダー設定量も10%と非常に少ない環境の中、印刷機のメンテナンスを適切に行いアズーラ TSを使用すれば、速乾ができるという事実を目の当たりにした参加者全員が非常に驚き、熱心に印刷物を確認していました。

 

 syukosya_chishiki.jpg

アグフア 知識

 

 

 

 syukosya_aida.jpg

秀巧社印刷 間社長

 

 

 

syukosya_2.jpg

 

     

 syukosya_3.jpg syukosya_print2.jpg syukosya_4.jpgsyukosya_5.jpg syukosya_udo2.jpg syukosya_tojo.jpg 

 秀巧社印刷の河内、田中両機長からは「今まで“何となく”という感覚で行なっていた印刷がメンテナンスひとつで刷り易く、色が安定し汚れもなくなった、そして自分自身の意識も変えることができた。」、「速乾印刷に取り組む過程で様々な良い要因が出てきた。また適正な方法を身につけることで、一層のコスト意識や工場内の美化に繋がると思う」とのコメントをいただきました。そして同社の有働取締役より「今までも品質にはこだわってやってきたつもりだったが、知識氏の下、アズーラTSでの速乾に取り組んでみたら目からうろこというか、今まで何をやってきたのか?という驚きだった。現在、印刷機は11年目であるにもかかわらず最高のコンディションにあり、それ以上にオペレータの品質に対する意識が本当に変わった。今後はこれを水平展開していきたい。今日参加していただいた印刷会社の皆様にもこの実演を通して少しでも良い結果を出していただければと思います。」とご挨拶を頂きました。最後にアグフアの東條事業部長より「アズーラTSを使用すれば速乾印刷は実現できるのです。是非速乾印刷に取り組んで皆様の会社の経営改革を実現していただきたい。そのために全社一丸となり、皆様の速乾印刷の立ち上げをサポートいたします。」と挨拶があり、セミナーと実演会は盛況の内に幕を閉じました。

 

 最後にお忙しい中、非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。そして会場のご提供ならびに印刷実演の準備から本番まで多大なるご協力を頂いた秀巧社印刷様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

アグフア社員一同