TOP > 製品一覧 > APOGEE Suite ワークフロー

APOGEE SUITE ワークフロー

Apogee Suite は、Prepress、Portal、StoreFront、Color、Drive の5つのカテゴリから構成され、サーバー導入型またはクラウド型を選択できるプロダクションワークフローソリューションです。印刷会社の生産フローの上流から下流まで円滑に進行するために開発したソフトウェアであり、一連の作業をシームレスに実行できる高効率なワークフローを実現します。

 

アセット 5-8.png

 

 

 

  すべての世界標準はアポジーから  

プリプレスのファクトリーオートメーションを推進

アグフアは、プリプレスのファクトリーオートメーションをコンセプトに、印刷産業における製造プロセスの更なる効率化を推進します。クラウドに対応したApogee Suiteは、プリプレスの自動化を高め、さらに工場の生産性向上に貢献します。

グローバルスタンダード

アグフアの先進的な発想は、数々の世界標準を生み出しました。印刷業界において標準的に使用される技術はすべてアグフアがはじまりです。

  アグフアが最初
   ⅰ. PDFワークフロー
   ⅱ. ジョブチケット、JDF/JMF
   ⅲ. ROOMコンセプト(Rip Once Output Many)
   ⅳ. FMスクリーニング、XMスクリーニング
   ⅴ. クラウド対応プリプレスワークフロー
   ⅵ. 現像レスプレート

ソリューション・パートナーシップ

Apogeeは、1997年に世界初のPDFワークフローApogee1.0を販売開始して以来、豊富な技術や経験をもとに確信し続けている世界標準のハイエンドワークフローシステムです。アグフアは、各社とのパートナーシップを結び、互いの技術情報を開示し製品開発を行っています。


多彩なニーズに対応するタスクモジュール設計

Apogee は、モジュール設計を採用し個々のコンポーネントを細分化したタスクプロセッサー(TP)で構成されています。システムの土台となるフレームワーク上に様々な処理を担うTP を自由に構築していくことができます。さらに、必要なTP を後から追加したり、異なるプラットフォームに分散することも可能です。TP が複数に分散されている場合でも、Apogee はひとつのシステムとして統合されるため、オペレーターは意識することなくシステムを管理し、ジョブを操作できます。TP の組み合わせにより、エントリーレベルからハイエンドまで様々なユーザーニーズに対応します。 taskmodule.png 

APOGEE Prepress

アポジー プリプレス :APOGEE Prepress プリプレスを革新するJDFベースプリプレスワークフローソリューション
 
 >>製品詳細へ
 

APOGEE Portal

アポジー ポータル :APOGEE Portal

ウエブ経由での入稿/校正/承認ソリューション

 
>>製品詳細へ
 
   

APOGEE StoreFront

アポジー カラー :APOGEE Color

クラウド型Web to print

ソリューション

 
 
 >>製品詳細へ
 

APOGEE Color

簡単管理・高精度カラーマネージメントプルーフ
 
 
 >>製品詳細へ
 
 

 

APOGEE Drive

クラウド型ファイルストレージサービス
 
 >>製品詳細へ